運動不足が原因で冷え性になる

運動不足が原因で冷え性になる

 

運動不足も冷え性の原因になります。運動を全くしない人は普段から運動をしている人に比べると、代謝が悪く、体が冷えやすいのは事実です。冷え性を改善するためには、体が自然と熱を発しやすくなる体質へと改善をする必要があります。そのためには、代謝を良くする必要があり、適度な運動はもっとこいと言えます。

 

冷え性に効くのは有酸素運動

 

運動と一言でいってもたくさんありますが、冷え性の方には有酸素運動がおすすめです。ジョギングやウォーキングなどの体への負担が少ない有酸素運動は、体の代謝を良くしてくれるので、体が熱を生みだしやすくなります。冷え性の人は1日に20分〜30分程度でもいいので、積極的に有酸素運動を取り入れていきましょう。

 

激しい運動は逆効果に

 

冷え性の人には激しい運動はおすすめできません。激しい運動は活性酸素を生み、疲労の原因になるからです。疲労が溜まるとストレスも溜まり、自律神経の働きが乱れて、体は逆に冷えてしまうからです。冷え性の人はできるだけ体への負担の少ない有酸素運動を選びましょう。