風邪をひきやすい原因は冷え性にあり!

風邪をひきやすい原因は冷え性にあり!


冷え性だと風邪をひきやすくなります。その理由は、体が冷えると免疫機能が低下して、さまざまな病原菌やウイルスから身を守れなくなるからです。昔から「冷えは万病のもと」と言われていますが、冷え性が原因で風邪を中心としたさまざまな病気を引き起こすのは事実です。

免疫機能とは?


免疫機能とは、体内に侵入したウイルスや病原菌から体を守ってくれる機能のことです。クラスや会社に一人は「生まれてから数えるほどしか風邪をひいたことがない」という人がいますが、このような人は免疫機能が強く、少々のウイルスや病原菌であれば、体からはじき出すことができるようになっているのです。

体を温めると白血球が強くなる


体内に侵入したウイルスや病原菌と戦ってくれるのは白血球です。体温が高いと白血球の働きが活発になり、より免疫力が強くなることが医学的にも証明されています。冷え性を改善することで、風邪はもちろんのこと、さまざまな病気のリスクを軽減することができるのです。病気知らずの強い体を作るためにも冷え性の改善に努めましょう。