肩こりの原因は冷え性にあり!

肩こりの原因は冷え性にあり!

 

肩こりに悩む方は非常に多いですが、肩こりに悩む方のほとんどは冷え性です。正確には、冷え性が原因で肩がこってしまうのです。冷え性が原因で肩がこる仕組みについて詳しく説明をしましょう。

 

肩こりの原因物質は乳酸

 

そもそもなぜ肩がこるのか?このような疑問を持たれたことがある方も多いでしょう。肩がこる原因は酷使した箇所に乳酸が溜まるからです。例えば、一日中デスクワークをすれば肩をかなり酷使することになります。そうすると肩に乳酸が溜まり、肩の筋肉が硬くなってしまうのです。この状態が肩こりです。裏を返せば、肩に乳酸が溜まらなければ肩はこらないのです。肩に乳酸を溜めないようにするためには、血の巡りをよくする必要があるのですが、冷え性の人は皆血の巡りが悪いので、どうしても万年肩こりになってしまうのです。

 

暑がりの人は肩こりにならない

 

あなたの周りにも暑がりの人がいると思いますが、基本的に暑がりにの人は肩こりになりません。なぜなら、暑がりの人は冷え性の人と違って血の巡りが良いからです。血の巡りがければ、肩に乳酸ができても溶かしてくれるので、冷え性の方のように溜まることがないのです。常に体から熱を発しているような暑がりな体質を目指す必要はありませんが、冷え性が改善できれば確実に肩こりも解消されます。辛い肩こりに悩む方は、冷え性の改善に努めましょう。