貧血の原因は冷え性にあり!

貧血の原因は冷え性にあり!


貧血の原因は鉄分不足などの栄養不足もその一つですが、冷え性も原因の一つです。なぜなら冷え性だと脳に酸素がうまく行き渡らなくなり、脳が酸欠状態に陥ってしまうからです。冷え性と貧血の関係について詳しく説明をしましょう。

貧血とは脳の酸欠状態


貧血の症状を簡単に説明すると、脳の酸素が不足している状態のことです。脳の機能維持には一定量の酸素が必要なのですが、冷え性の人は血液中のヘモグロビンの数が少ないため、脳に酸素が届きにくくなってしまうのです。しっかりと栄養を取っているのに貧血になりやすい人は、冷え性が貧血を引き起こしている主要因だと考えてほぼ間違いないでしょう。

顔色の悪さも冷え性が原因


冷え性の人には今にも倒れそうな顔色をしている人が多いですが、この顔色の悪さも冷え性が大きく関係しています。冷え性だと血の巡りが悪くなるので、上半身の中でも特に頭部に血液が運ばれにくくなってしまうからです。貧血を解消し、健康的な顔色を取り戻すためには冷え性の改善は欠かせません。