冷え性について

ストレスが原因で冷え性になる


ストレスは様々な体の不調の原因になりますが、それは冷え性も例外ではありません。ストレスの多い生活をしていると自律神経の働きが乱れ、うまく体温調節ができなくなってしまうのです。冷え性を改善するためにはストレスを溜めない生活を心がける必要があります。

自律神経とは?


自律神経とは、心臓や腸などの臓器の機能維持、血圧を正常に保つ、体温の管理など多くの役割を担っている神経のことです。ところが、自律神経はストレスの影響を受けやすく、ストレスの多い生活をしていると自律神経の働きが乱れてしまうのです。自律神経の働きが乱れると、臓器の働きが悪くなることはもちろん、うまく体温調整ができなくなったり、血流障害を引き起こすため、体が冷えてしまうのです。

日常生活にストレスを溜めない工夫を


冷え性の原因にもなるストレスですが、日常生活に一工夫をするだけで簡単に発散できます。おすすめなのはリズム運動です。リズム運動とはジョギングやウォーキングなどの一定のリズムで行う運動のことで、リズム運動を15分間程度継続的に行うことで、セロトニンという神経伝達物質が分泌されるようになります。セロトニンはストレスを消し、気持ちを前向きにしてくれる作用があるのです。理想は毎日リズム運動を行うことですが、忙しい方は週に2日、3日程度でもいいので、日常生活に取り入れていきましょう。

※参照サイト:冷え性まるわかり - 冷え性の原因、改善、対策まで詳しく解説!